あおいビルマネジメントのお知らせ

newsお知らせ

2017.11.10 民泊も好奇心から

夕暮れが早くなりましたね…秋ですね。
なんだか暗くなる時間が早いとさみしくないのにさみしいような気になりますね。あれ私だけ?

10月にビックサイトの展示会に行ってきました。キャンプ資材や家具、イベント用品や住宅設備まで、いろいろな出店のなかで、目的は民泊やマンスリーマンションのこと。セミナーも聞いてきました。

車をはじめ、物を所有せず、使いたい時だけ使うことが気軽にできるようになった時代だから、住むことに関しても、一部ではお手軽な方法としてシェアハウスや民泊、マンスリーやウィークリーマンションが認知されてきたように感じます。
写真はカプセルホテルですが、すっきりしてかっこいいデザインでした。ダブルサイズもありましたよ!

賃貸住宅の建築が人口減少によって減るかもしれないし、賃貸経営が魅力のない事業になるかもしれないと、世間は将来を不安視しているところもあります。

いつの時代もきっと、現状で満足している会社は衰退するでしょうし、世の中に価値を提供できない企業は自然と消滅するのが、今も昔もかわらないことだと思います。

だから自分も常に新しい事を開拓したいと熱意を持って…というわけではないのです。
ただただ好奇心、興味があるかないかなのです。
起業家精神を持って、なんていうかっこいい話でもないですw。
好奇心が旺盛なのは生まれもったもののようでして、子供の頃は虫取りをしたり昆虫の解剖などよくしてました。一つの物がおもしろいと感じると、飽きるまでずーっと没頭するタイプです。

草むらの中をわさわさと草をかき分けて虫を探したり、草むらの中で寝たりするのがとても好きでした。野生の中を野蛮に生きるのが自分らしいように思います。私が私らしくあるためには本能のままに生きろということでしょうか…どこかの歌にあったようなフレーズですねw
でも本能のまま生きる勇気はまだないです。あと15年先くらいかな。
今日もご覧いただき、ありがとうございました。

担当/岡部




  • 民泊も好奇心から
  • 民泊も好奇心から